2010年12月13日

一般質問3日目

今日の一般質問の項目は次の通りでした。

盛田眞弓議員(共産党)
1 市民サービスの充実について
(1)市民センターと区役所出張所について
2 学校給食について
(1)民間委託の現状について
(2)学校給食と食育について
3 子どもの安全について
4 インフルエンザ対策について
5 公園の整備について

山田京子議員(市民ネット)
1 性的少数者への理解と支援について
2 市民とともにすすめる防災対策について

小松ア文嘉議員(自民党)
1 財政力と市債と税源について
2 老朽化した中高層住宅の建てかえ支援と建築物と法定外道路について
3 交差点の渋滞緩和について
4 高齢者の施設利用料金について
5 冠水対策について
6 学校教育と防犯について
7 稲毛区の諸問題について
(1)草野地区の狭隘道路について
(2)園生貝塚について
8 市長のマニフェストについて
(1)決裁手順の簡略化について
(2)雑紙回収に特化した紙ごみ対策について
(3)介護人材を確保するための市独自の対策について
(4)がんばる商店街への強力な支援について
(5)公共交通対策について
(6)稲毛の海を活用したまちづくりについて
(7)マニフェストの工程について

富田和男議員(無所属)
1 千葉市再生計画(行動計画)について
(1)コンパクトシティー化で、都市効率を飛躍的に高め、小さくて効率の良い市役所・区役所に再生する。
(2)民間でできることは民間で、行政は行政にしかできないインフラ事業に特化し、民間の投資(事業)環境を整える。
(3)学校統廃合跡地などの未利用公共用地(施設)などは、地域の実情に応じた事業(例:保育園、特別養護老人ホーム、介護型有料老人ホームなど)を実施することを条件に、民間に売却する。
(4)資源循環型リサイクル社会を早期に構築するため、家庭系可燃ごみの有料化などにより特定財源を確保する。
(5)新浜リサイクルセンターに研究開発及びインキュベーター機能を持たせ、千葉発リサイクル産業を育成する。
(7)千葉都市モノレールを次世代型公共交通システムとして進化させ、千葉みなと駅〜海浜幕張駅までを、PFI方式で、公共用地を使用して延伸し、幕張新都心地区の活性化を促進し、市税収入を増加させる。
(8)平成25年度完成予定の千葉みなと駅前旅客船さん橋の整備及び千葉中央埠頭1岸壁の利用に合わせて、千葉港〜中国・天津市(千葉市友好姉妹都市)、韓国・釜山、ロシア・ウラジオストックへ新規航路を開設し、千葉発の観光・貿易産業を育成する。

小関寿幸議員(共産党)
1 水害対策について
2 独居高齢者の安否確認について
3 公共交通のあり方について
4 市営住宅について
5 稲毛区の道路整備について
(1)稲毛町4丁目から5丁目に抜ける京成電鉄交差部高架下の改修について
(2)稲毛町5丁目稲毛1号線の550番地先の道路拡幅と歩道の整備について
(3)主要地方道穴川天戸線園生町835−1とんでん園生町店前道路の改修について

湯浅 美和子 議員(市民ネット)
1 千葉県企業庁の収束に向けて
(1)千葉市との間における懸案事項について
2 高齢者のこれからの住まい方について


盛田議員は、超高齢社会で、身近な場所で行政サービスが受けられるようにする必要があるとのことで、市民センターや連絡所で昨日の拡充を求めていました。

山田議員は、地域での防災活動の主体となる自主防災組織の組織率の向上や、防災リーダーの育成を積極的に実施するように求めました。

小松崎議員は、稲毛区での道路事情の問題などを取り上げて、改善を要望しました。また市長マニフェストの進捗状況について質問をしました。

富田議員は、千葉みなとの旅客船桟橋の整備について質問。ロシアや中国の定期航路を就航させて、千葉市の農産物などの売り込みなど、成長戦略として重要であるとして、早期の完成を求めました。

小関議員は、稲毛区の治水や危険な道路、不便な橋梁の改修などを要望しました。

湯浅議員は、高齢者向けの施設、住宅には16もの種類があり、一般の人ではとても理解できないことから、わかりやすい情報提供や相談窓口の設置を求めました。
posted by 鈴木友音 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。