2010年10月27日

12月議会から1問1答が導入

11月末から第4回定例会が開催されますが、この定例会から一般質問において「1問1答」が導入されます。

「1問1答」とは何でしょうか?これまでの質問方式と比較して説明しましょう。

これまでは「総括質問」という方式でした。

総括質問とは具体的には次のような流れで質疑応答がなされます。
(質問内容は架空のものです)

【質問者(議員)】

それでは、1回目の質問を行います。

まず子育て施策です。今年度の保育所の整備状況と見通しについてお聞かせください。また、駅前での保育所整備について、当局はどうお考えか?

次に雇用対策についてです。厳しい経済情勢ですが、直近の市内の失業率はどうでしょうか。また、昨年度実施した緊急雇用対策の効果はいかがでしょうか?

最後に、財政再建について伺います。財政再建のためには新たな財源の確保が重要だと思いますが、市ではどんな対策を行っているのか?さらに市税の徴収状況はどうなっていますか?

【答弁者(市長または局長)】

議員の質問について順次お答えします。

まず子育て施策についてですが、保育所整備は○○○ということです。駅前については、新たな手法を検討しているところです。

次に雇用対策についてですが、失業率は○○%です。また雇用対策の効果は○○人の新たな雇用を創出しました。

最後に財政再建についてですが、本市では新たに広告料収入やふるさと納税制度の周知を行っています。市税の徴収率は○○%で前年度に比べ○○ポイント上昇してます。

【質問者(議員)】

ご答弁ありがとうございました。それでは2回目の質問です。

子育て施策についてですが、駅前保育のニーズが高まっています。土地の確保が難しいので近隣保育所への送迎ステーションを整備してはどうでしょうか?

次に雇用対策ですが、答弁の数値を見ますと対策が不十分です。補正予算でさらに緊急雇用事業を増やしてはどうですか?

財政再建ですが、徴収率の向上が財源捻出の効果が最も高いわけですが、資力があるのに複数の公共料金を滞納している市民に対しては債権管理を一元化して、徴収体制を強化するべきではないですか?

【答弁者(市長または局長)】

議員の2回目の質問にお答えします。

子育て施策についてですが、送迎ステーションの整備は、○○な理由で困難な状況です。

次に雇用対策ですが、次回の補正予算で盛り込むことを検討します。

最後に財政再建については、債権管理の一元について研究を進めているところです。

【質問者(議員)】

答弁ありがとうございます。概ね理解しましたが、最後に要望とひとつ質問をします。

雇用対策と財政再建については、喫緊の課題ですので、私の要望をぜひ実現させてください。

そして雇用対策ですが、介護人材が不足していますので、ミスマッチを解消できるような対策をしていただきたいと思いますがいかがですか?

【答弁者(市長または局長)】

議員の3回目の質問にお答えします。

雇用対策ですが、介護人材の確保は必要ですので、積極的に検討していきます。

(終了)

と、これがこれまでの質問の方法です。議員は多岐にわたる質問項目を最大3回にわたって質問をすることができます。

次に「1問1答」です。

【質問者(議員)】

それでは、質問を行います。

まず子育て施策です。今年度の保育所の整備状況と見通しについてお聞かせください。

【答弁者(市長または局長)】

保育所整備は○○○ということです。

【質問者(議員)】

では、駅前での保育所整備について、当局はどうお考えか?

【答弁者(市長または局長)】

駅前については、新たな手法を検討しているところです。

【質問者(議員)】

駅前保育のニーズが高まっています。土地の確保が難しいので近隣保育所への送迎ステーションを整備してはどうでしょうか?

【答弁者(市長または局長)】

子育て施策についてですが、送迎ステーションの整備は、○○な理由で困難な状況です。

【質問者(議員)】

駅前保育は必要ですので様々な手法を駆使して整備してください。

それでは、次に雇用対策について伺います。厳しい経済情勢ですが、直近の市内の失業率はどうでしょうか。

【答弁者(市長または局長)】

失業率は○○%です。

ーーー以下、省略ーーーー
(制限時間が来るまで続けていきます。)


というように、世の中でごく当たり前の質問方法にかわります。

本当に議会の歩みは遅いです。より分かりやすい議会にするためには、委員会でも1問1答を導入するなど、やるべきことはまだまだあります。
posted by 鈴木友音 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167372117

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。