2010年09月30日

新検見川駅にて

せっかく国体がはじまったというのに雨ばかりですね。

今日は新検見川駅にて朝の演説を行いました。今回のテーマは「循環型社会」についてです。

千葉市の焼却ごみ3分の1作戦や、バイオマスタウンの話などをしました。

さて、今朝の千葉日報に松戸市議会選挙の記事が掲載されていました。定員44人に対し75人もの候補者が出馬するのではないかということで大激戦となるようです。

千葉市議会選挙は来年の4月ですが、すでに新人の候補者を駅頭でみかけます。

4年前、私が初めて挑戦した時は、3か月前くらいまでは自分を除いて新人候補の影も形も見られなかったことを考えると、千葉市でも大激戦になることは間違いないと思います。

民主党は候補者を少なくとも倍増させると聞いていますし、去年、今年の国政選挙で誕生した少数政党も市議候補を擁立したという話を聞いています。花見川区でも私が聞く限りでは、すでに2人は少数政党の支援を受けて出馬すると聞いています。

政治に関心をもって立候補者することは、たいへんよいことです。一方で千葉市のような政令市では国政政党の影響を受けやすので、市民と全く関係のないところで国の代理戦争のような市議会になることだけはやめてもらいたいものです。
posted by 鈴木友音 at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松戸市民がうらやましいです。
定員44人に対して75人が立候補という事は、現職でもウカウカしていられないですね。
それと、有権者は、よりどりみどり。
しっかりビラ、ホームページ、議事録を読み、候補者の話を聞いてと言っても75人のチェックは大変そうです。
あと、業者は大喜び?なのかなと思います。(チラシを大量印刷、事務所開設で家賃収入が入る、お茶菓子が売れる、衣服がボロボロになるので、服が売れるなどなど)
Posted by 匿名 at 2010年09月30日 18:14
松戸や船橋など中核市規模の市民はどうやって市議候補の投票先を決めてるのか興味深いですね。

掲示板に75人も候補者がいたら、選ぶのに相当迷うでしょうね。

その点では政令市は区ごとなので、選びやすいですね。もしくは、「投票したい人がいない」なんてこともありそうですが。
Posted by 友音 at 2010年10月01日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164237465

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。