2010年08月20日

市役所に夏の風景

定例会の開催が近づき、今日も議会では代表者会議や幹事長会議が開かれました。

私も一般質問の調整などを行っていました。私はほかの議員さんよりも質問の準備が早いようで、先輩議員からは「もう、できたの?」と驚かれることがしょっちゅうです。

自分としては、まったく早いとは思っておらず、むしろ無所属のため、多くの議案を一人で調べて判断をしないといけないため、前もってやっておかないと、議会が始まってからたいへんなことになるため、仕方なく前倒しで準備しています。

特に決算、予算議会はボリュームが多いため、毎回あっぷあっぷしています。

しかし、今日になって今定例会の議案が届いたのですが、思いのほか議案数が少なくて驚きました。

補正予算も去年は国の景気対策が絡んでけっこうあったのですが、今回は緊急雇用対策が少しあるだけです。国体の影響で日程が早いことも関係があるのかもしれません。

100820_1704~01.JPG

市役所前に寒川神社の御神輿がやってきました。かなり大きな太鼓で、素晴らしい響きでした。
posted by 鈴木友音 at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は、どうなりますか?

最下位当選者がキツイのは、ともかく(涙)。

定数を削減するのが、議会改革・財政再建になる(笑)
などという没論理には困った。

仕事をする議員が落選、支持者がためが唯一の議員が当選(涙w)。

地方議員定数の上限規定はなくしていく方向だし、議員数はもっと増やすべき(時代の趨勢を読めないのがいるな・笑)。

20代・30代・女性から、多様性ですかね。

売れないタレントがいいとは言わないけれども(涙)。
Posted by 議員定数削減 at 2010年08月21日 15:13
千葉市では議員定数の話はいまのところでていません。たぶん現状維持になるかと思います。

私の持論は、blogでも度々触れていますが、報酬は半分でもいいが、定数は削減すべきではないという立場です。

国はともかく市レベルであれば「プロの政治家」が議員になるのではなく、多様な市民の代表が議員になった方が、よい市政になると思います。

もちろん逆が間違っているとも思いませんが、少なくとも私のこれまでの実感であります。
Posted by 友音 at 2010年08月23日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160045357

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。