2010年07月12日

幕張駅にて

参議院選挙が終わり、ようやく駅頭もできるようになったので、今日は幕張駅にて朝の街頭演説を行いました。

参議院選挙では与野党が逆転して、いわいる「ねじれ」の状況になります。衆院選挙まで、解散しなければ3年もありますが、ねじれの状態では法案も簡単には通らないでしょうから、不安定な政局が続くことになるのでしょう。

次の健康保険制度の構想については民主と自民とでは考え方にかなり開きがありますし、年金制度も違います。長期の安定した社会保障制度をつくるには、政局にせず、与野党でしっかり話し合って、しかも一刻も早く展望を示してほしいのですが、いったいどうなるのでしょうか。

ところで今回の参院選選挙区における「1票の格差」は5.07倍だったそうです。民主主義の根幹にもかかわるので格差を是正することが当然なのですが、前回の2007年の4.16倍よりも拡大したことは、大きな問題です。最高裁判決がどうあれ、常識的な感覚でいえば2倍以下に抑制すべきでしょうから、参院選挙の手法の見直しにも早急に着手してほしいものです。
posted by 鈴木友音 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。