2010年06月22日

一般質問4日目

今日も議会では一般質問が行なわれました。

佐々木 友樹 議員(日本共産党)
1 平和問題について
2 子どもの権利条約について
3 若い世代の住みやすいまちづくりについて
(1)雇用と労働条件について
(2)生活支援について
4 国民健康保険制度について
5 ごみの分別と排出について

盛田 眞弓 議員(日本共産党)
1 健康増進と予防医療について
(1)予防接種について
(2)いきいきセンターの活用について
2 子どもの教育と環境について
(1)教育振興基本計画について
(2)新学習指導要領について
(3)全国一斉学力テストについて
(4)子どもの読書環境について
3 教育と保育の施設整備について
4 花見川区の諸問題について
(1)花見川北部地域の公共交通について
(2)旧犢橋保健センターの跡施設について
(3)地域の図書室について

松坂 吉則 議員(自由民主党)
1 市長の基本姿勢について
(1)政治倫理条例の遵守について
(2)交際費について
2 生活保護について
3 歴史教育について

奥井 憲興 議員(公明党)
1 住宅施策について
2 介護施策について
3 住宅用太陽光発電設備設置費助成事業について

高橋 秀樹 議員(民主党)
1 学校における教職員の実態について
2 市民に身近な事業の見直しについて
3 幕張メッセ建設事業負担金について
4 生活保護について
5 民生委員について


佐々木議員は、今回も平和と若者の就労・生活問題についてでした。長時間労働に低賃金など働く人の権利が守られていないので、市としても労働問題に関して積極的に啓発を行うべきとのことでした。

盛田議員は、子どもの予防接種について質問。ヒブ、肺炎球菌、子宮けいがんの予防接種について公費助成制度の創設を求めました。

松坂議員は、増え続ける生活保護費の問題について、制度そのものの欠陥を指摘。市の負担が増えるばかりなので市として国に改善を求めるべきとのことでした。

奥井議員は、千葉市の太陽光パネルの設置助成が年間100件しかなく、県内の他市と比べて枠が少ないことを取り上げました。応募には朝から市民が並ぶという状況も見られ、枠の拡大と募集方法の改善を求めました。

高橋議員は、学校の先生が月に100時間を超えるような過労の状態により休職者が増えていることを指摘。余計な事務の軽減などで学校職員の負担を軽減するよう求めました。
posted by 鈴木友音 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154103072

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。