2010年05月31日

千葉市科学都市戦略推進会議

100531_1551~01.JPG

今日はマニフェストの項目であるいわいる「科学の都」構想を具体化する第一歩となる「千葉市科学都市戦略推進会議」を傍聴してきました。

市長肝いりの政策ということで自ら出席して、第一線で活躍している学者や企業と意見交換をしてました。

会議の名前は非常に堅いですが中身は、市の他の会議とは趣が異なり、自由な発言の場となっていて興味深く傍聴してきました。

「都市戦略」ということではありますが、実際には、市民が生活の中で科学に親しみ、科学立国を支える人材が自然に育っていくような土壌を作っていこうというのがねらいです。

例えば、この会議のメンバーにもなっている海浜幕張のウェザーニュース社が、雲の成長や雨水量をユーザー参加型で測定する仕組みを使って予報に役立てていますが、このように意識をしなくても科学が身近にあるということがとても大切ではないかという話でした。

それから日本では「科学が教養になっていない」という意見が出され、たしかに私も文系なので学校を卒業してしまうと科学に触れることが極端に少なくなってしまいます。

この構想は始まったばかりで、これから具体的になって多くの市民も興味をもってくれるようなものになってくれると期待しています。

そういえば、私は大学時代に教養講座で「SFと科学」というテーマの講義を履修していました。単位をもらうためにはSFを書かなくてはいけないというユニークな授業でしたが、毎回のように、SFと裏付けとなる科学技術の検証をしていくのでとても面白かったです。

確か、その当時、「空想科学読本」という本がベストセラーになっていて、科学がとても身近に感じられたのを記憶しています。こういったものなら文系の人も科学に興味に親しみを感じられるかもしれませんね。
posted by 鈴木友音 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。