2010年04月19日

勉強会で振り返り

今日は、無所属議員で控室が同部屋の田沼議員と勉強会をしていました。

行財政改革についての私の所感を聞きたいとお話をいただき、まとまりのない内容ではありましたが、色々と思うことをお話させていただきました。

議員の任期もいよいよ1年を切りましたので、このタイミングで千葉市全体についての課題について自分の頭を整理できてよい機会でした。

こんな財政状況にして議会は何をやっていたんだとお叱りを受けることもありますが、そもそもその議会がどのように行政の仕事ぶりをチェックしていくのかという方法論については、ここ1年くらい私の最も関心のあるテーマでした。

議員は、それぞれが考え方も出身母体も違うので、それぞれの理念や関心に基づいて行政の仕事をチェックしたり、自らの要望を行政に伝えています。

そのため、現実では全ての事務事業を網羅的に議員がチェックをしていくという作業は一切行われていません。また、それができるだけの資料や情報もないというのが実情です。

私は決算審査の強化がとても大事だと思っていますが、行政側からどういった情報を提供してもらい、どういった方法で中身を審査していくのかを体系化する必要があると思います。

今の地方議会の決算審査は、予算審査と同じでただの要望合戦になっています。これでは議会が行政を監視するなど夢のまた夢です。
posted by 鈴木友音 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。