2010年03月12日

一般質問2日目

今日は一般質問の2日目で私も質問をいたしました。

鈴木 友音 議員(無所属)
1 医療施策について
(1)両市立病院について
(2)認知症について
2 財政再建への取り組みについて
(1)資産、物品の効率的な活用と調達について
(2)収入の増加対策について
(3)財政状態について


医療施策で認知症に関する治療や相談、情報発信、啓発、介護との連携などを行う認知症治療の中核的な医療機関として認知症疾患医療センターの整備に質問をしました。

まだ県内には整備されていませんが、来年度に2か所、県が整備する予定です。ただし、千葉市には整備されないので、市としても検討向けた対応を求めました。

運営にはコストが相当かかるのでハードルはかなり高いですが、高齢社会の中なくてはならない機関です。

財政再建では、カーシェアリングの導入とふるさと納税を増やすことを提案しました。

カーシェアリングは、最近になって市場が拡大しており、自治体の公用車も一般市民とのカーシェアリングに切り替えるべきという内容です。特に夜間や土日は使っていないので、カーシェアリングにすることで経費削減も見込めます。すでに他市では取り組みが始まっています。

もうひとつのふるさと納税を増やすことについては、千葉市のような都市ですと、はなからふるさと納税を集めるという意識が低いのが現状です。お金があるときはそれでいいのですが、財政危機の中、1円でも増やそうという視点でクレカ決済の導入や基金の愛称募集などを提案しました。

なお、「両市立病院について」は時間の都合上できませんでしたので、また次回以降に持ち越しました。

私以外の議員の質問項目は以下の通りでした。

中村 公江 議員(日本共産党)
1 国民健康保険について
2 子育て支援について
(1)保育について
(2)子どもルームについて
(3)親の居場所について
3 花見川区の問題について
(1)花見川の橋について

松坂 吉則 議員(自由民主党)
1 学校適正配置について
2 マンション管理組合に対する再生支援施策について
3 公園緑地の整備と管理について
(1)公園整備状況について
(2)公園の安全対策について

宍倉 清蔵 議員(自由民主党)
1 自治基本条例の課題について
2 利用者の声を生かした市民ゴルフ場利用向上について
3 市民の安全・安心のための移動交番の創設について
4 予防医学と健康ライフについて
5 幼児ことばの教室創設について
6 夢を叶える偉人伝教育について

盛田 眞弓 議員(日本共産党)
1 就学援助制度について
2 子どもの読書活動について
(1)学校における図書室の役割について
(2)学校図書館指導員について
3 ごみの減量について
(1)分別と市民の協力について
(2)落ち葉の堆肥化の取り組みについて
posted by 鈴木友音 at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
財政再建に、カーシェア・ふるさと納税だって。お気楽だね。こんな極楽議員の歳費を9割カットすれば!名古屋方式で。
Posted by 河村 at 2010年03月13日 08:08
9割は議会が存在しえなくなるのでカットしすぎですが、3〜5割くらいはカットしたほうがいいと思っています。
Posted by 友音 at 2010年03月16日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143455686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。