2010年02月26日

政治倫理条例案が固まる

今日は正副議長会議があり、昨年の秋から検討してきた議員の政治倫理条例案が確定しました。

市長案と比べると「刑法」全般について逮捕された後の説明責任を求めていることが独自で、前議長が恐喝未遂で逮捕されたことに対する一定の踏み込みを見せられたと思います。

その一方で、資産公開については普通預金300万円以上の公開を加えたものの、配偶者や扶養者の資産公開には市長案との差がでました。これは、なんの権限もない地方議員では業者との癒着による不正蓄財などは基本的にできないでしょうから、あまり実質的な抑止にはつながらないと思います。

ただ、もうひとつの違いとして、市民による説明会を求めるための署名人数が有権者の200分の1となったことはやはり残念です。はじめての制度になるので様々な懸念は確かにありますが、なるべくハードルを低くして生きのが基本だと思います。

幸い条例の見直し条項が盛り込まれていますので来年の改選のあと機会があれば引き下げを提案していきたいと思いました。
posted by 鈴木友音 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142486287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。