2010年01月22日

日本の汚職指数

興味深いデータを発見しましたのでご紹介します。

トランスペアレンシーインターナショナルというNGOが世界各国の政治家と公務員の汚職について調べているそうです。その結果を独自の「汚職指数」なるもので数値化しランキングを発表しているそうです。

その「汚職指数」の清潔度トップ3はニュージーランド、デンマーク、シンガポールで、日本は17位でした。

連日のように政治とカネのニュースが報道され、千葉市でも昨年現職市長が逮捕起訴されました。政治家の汚職大国のように感じますが、それでも17位だそうです。

上位は先進国が占めていますが、先進国の集まりともいえるOECD加盟国が30カ国ですから、日本は先進国で平均的な「汚職指数」であるといえるかもしれません。

日本で17位ということは、世の中のどれだけの人間が予算と権力を持つと不正に手を染める欲望にかられてしまうのかと感じます。

つい先日も松戸市で市議会議員が政務調査費の領収書を偽造したという報道がありました。千葉市では2年前にようやく1円から領収証の添付を義務付けをし、政務調査費の使途を透明化しましたが、どんな公開制度でも不正を働こうと思えばいくらでも抜け道があります。

最終的には人としての倫理感がものをいいます。
posted by 鈴木友音 at 17:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鈴木議員お疲れ様です。

日本は現職総理が脱税やってますからねぇ。母上手当てだけでも時効になった税金はいくらなんでしょう?この方のはまだまだ叩くと沢山出てくる埃があるのご存知ですか?
おまけに幹事長はもっと酷い。
岩手の胆沢ダム、西松建設が引き受けの津軽ダムは概算要求通りの予算通ってますね。理由が本体工事に入っているからって、おかしいですよ。

お金に汚い政党って選挙前から判っていたのに、テレビ、新聞しか見ない人は…
それに今日は小池百合子議員に赤松農水大臣が民潭の選挙応援について突っ込まれていましたが。
お金に汚い、政治は出来ない、外国人の為に憲法違反の選挙権を与える??
稀にみる史上最悪政党ですね。
Posted by 千葉県民改め ぬこみみ at 2010年01月22日 21:05
こんばんは^^

企業献金って表だろうが裏だろうが所詮
賄賂でしょって思っています。
企業がリターンなしに金を出すはずが
ないから。ごく当たり前のことですね

刑法の不備を変えてほしいです
企業献金を禁止するとともに贈収賄は
国家犯罪なんだから、見方によっては
殺人よりはるかに重大である。
よって刑を大幅に引き上げるべき。
飲酒運転の厳罰化と一緒で、疑わしいこと
すら怖くてできないようになります。

Posted by たろう at 2010年01月24日 03:15
コメントありがとうございます。

議員になって、政治には金がかかるという現実を嫌というほど見てきました。

選挙だけでなく冠婚葬祭や付き合いなど様々な形で政治家は多額の出費をしています。

家族も養っているような議員だと、給与や政務調査だけでは政治活動に必要な経費をまかなえず、支援者からの献金も必要になります。

まして国会議員などさらに人との繋がりが深く広い上に、億単位の選挙を行っていて、企業献金も必要だというのは気持ちとしてわかる部分があります。

ただ、やはりこういう政治の常識は私自身の考え方とはま逆です。政治活動に費用をかけず、しかしきちんと市民の声と自らの政策を反映させることができる「コストパフォーマンス」をどこまで高められるのか自ら実験していきたいという思いがあります。

おそらく大部分の市民がそれを望んでいると私は思っています。
Posted by 友音 at 2010年01月25日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。