2009年12月31日

大みそか

今年最後ということで、一年の振り返りを少しします。年末の駅頭で話している内容とほぼ同じですが・・・。

今年は県知事選挙からはじまって市長選挙、衆議院議員選挙と、まさに千葉は選挙イヤーでした。しかも、すべての選挙で政権が変わってしまうという特筆すべき年となりました。

当然、市議としては市長選挙で私も応援した熊谷市長が当選したことが、もっとも印象深く、これから先、いつまで市議を続けるか分かりませんが、議員生活を振り返った時に、最も重大な出来事であったと思いだすに違いありません。

ちょうど去年の年末年始に熊谷市長とミニ事業仕分けを実施していましたが、まさか熊谷さんが市長になって本物の事業仕分け(事務事業評価)を実施することになるとは夢にも思いませんでした。

しかし、この政変劇は、現職市長の収賄容疑による逮捕という、千葉市にとって不名誉な事件によりもたらされたものです。

さらに議会のトップも恐喝未遂で逮捕されるなど、市政の信用は失墜しました。

とはいえ、私と考え方が近い市長が誕生して、モノレール凍結や蘇我スポーツ公園の縮小、市民参加の推進が図られて、財政危機のさなかではありますが、一歩一歩、希望ある将来に向けた市政改革が進みつつあります。

2009年という激変の月日を糧に、千葉市の未来に少しでも力を尽くしたいところです。
posted by 鈴木友音 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。