2009年10月28日

地域医療政策セミナー

今日は都内で開催された医療セミナーに参加してきました。

厚労省の職員から「今後における地域医療政策の課題」というてテーマで、現状の日本の医療状況について解説がありました。政権交代したばかりということで、役人としては今後についてはまだよくわからないというような感じでした。

内容としては基本的なものでしたが、国保、政管健保、組合健保、の加入者のデータなどの説明があり、皆保険制度についてよいおさらいができました。

そして今回のメインとして埼玉県済生会栗橋病院副院長の本田宏先生による講演を聴くことができました。メディアなどにも時たまでていて、日本の医療問題について積極的な発言をされている著名なかたです。

根本問題として医師の絶対的な不足について、厚労省が発表しているようなものとは別のデータで裏付けをしていました。たとえば日本の「医師数」というのは医師免許のある死んでいない人の人数で、他の国は稼働している医師の人数であることや、他国では医師以外の多くの医療スタッフ(チーム医療)によって医師が患者に集中できる環境があるなどです。

また、日本は世界で一番安い医療費の枠の中で患者を見ているのに、薬剤や医療機器の価格は世界一高いので、これで病院を黒字化できるはずがない。

さらに、各都道府県の病院における医師の配置は一番充実している京都や東京でさえOECD国の平均以下であるので、自治体が医師の給料をあげても、病院の統廃合を行っても十分な医師は確保できない構造になっているということでした。

患者の負担を増やすことなく、適正な医療費を確保するためには、社会保障費中心に国費を投じるべきと提言。また病院経営についてはできるだけ入院に特化して、医師をサポートするスタッフを大幅に増やすべきとのお話でした。
posted by 鈴木友音 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。