2009年09月17日

副市長人事

都市局長の徳永氏が議会の承認を経て副市長に就任することになりました。

この人事案件について非公開の全員協議会で質疑が行われましたが、異例の超時間の審議となりました。

質問が集中した内容は「先の市長選挙において、天下り官僚が市長となることについて徹底した批判を繰り返していたのに、なぜ国交省から派遣されたある意味で天下りといえる官僚を副市長に任命するのか」という点でした。

市長としては、

・選挙中も市長が市民の代表であり、役所の代表は副市長まででいいのだと言い続けてきた。その点ではブレがない。

・モノレールや蘇我臨海開発の見直しというマニフェストを実行するにあたっては千葉市の都市計画が大きく変わるため都市政策に精通した技官が必要である。

・政権交代で国交省が大きく様変わりする中で千葉市も相当の影響が出ることが予想されるので国とのパイプ役として必要である。

というような答弁をされていました。

しかし議員からは、「投票をした市民が期待するような人事であると言えるのか」という点を徹底的に追及され、市長は「そういう批判があることも覚悟した上で、市民への説明を尽くしたいし、またこれからの実績によって批判にこたえていきたい」と答えておりました。

私がこれまで市長を見てきての個人的な感想とすれば、むしろこの人事は「熊谷市長らしい人事だな」と思っています。

私も市長もサラリーマン出身だからかもしれませんが、結局のところ実務派として「仕事ができる有能な人材を側においておきたい」ということなんだろうと。

おそらく市長は”動”のタイプのリーダーなので、市政改革のため部下に対して驚くほどの多くの指示をだしているはずです。それを具体的な事業に落とし込む作業を迅速かつ適格にこなせる片腕がどうしても必要なんでしょう。

外部から副市長を招へいするということがおそらく多くの熊谷支持者の期待だったと思います。しかし、実際にはイメージよりも実を優先した結果でしょう。

徳永都市局長はそれほどまでの人材なんだと感じます。

私はマニフェストの結実という最終的な結果が全てだと思っていますので、その手法を問うつもりはありません。
posted by 鈴木友音 at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝読。
Posted by 友樂 at 2009年09月17日 20:39
ご覧頂きありがとうございます。
またお越しください
Posted by 友音 at 2009年09月18日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。