2009年09月14日

常任委員会の復習

今日は私が所属している都市消防委員会以外で気になっていた議案について他の常任委員会での審議をテープで聞いていました。

会派であれば、所属の議員に様子を聞けばいいのでしょうが、無所属なので重要な審議についてはしっかり生録音を毎回聞いています。

特に共産党が上程した精神障害者も身体・知的障害者と同じようにモノレールの運賃割引を行う条例案と社会福祉協議会の居宅介護サービスの民間移行に関する請願については、しっかりと審議内容を聞きました。

モノレールの割引については遅くとも来年4月から始まることがほぼ決まっているそうです。場合によっては年明けもありうると当局からの答弁がありました。

当然3障害を同一に扱うことが原則ですので大いに歓迎するところです。

とはいえ議会審議上、条例については賛否を示さなければなりません。先方が実施すると決めているのに、わざわざ議会が条例化するのも強い違和感があります。いずれにせよこうした条例提案の動きが割引の決定につながったことは素晴らしいことです。

もうひとつの社協の問題ですが、基本的に私は居宅介護サービスを社協が続けていくべきという立場なので、請願に賛同せざるを得ません。ただ現実は動いていて、すでに移行が行われています。内定がある程度決まっている状態で止めることは、また混乱を招くことになるでしょう。とにかく最後の一人まで市の責任ある対応をお願いしたいところです。
posted by 鈴木友音 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。