2009年09月07日

議長選挙

小梛輝信容疑者から議員辞職願が提出され、議会で承認されました。

これにより議長がいなくなりましたので新たに新政ちばの佐々木久昭議員が議長に選出されました。

議長選出方法については、事件発覚から幹事長会議や議会運営員会で重ねての協議がなされました。

会派の代表者が非公式で協議する幹事長会議では定例会の開始の日程が迫る中で、議長選挙については統一した結論が得られずに終わりました。

そして、定例会直前の議会運営委員会で、民・共・ネが「逮捕されるような議員を議長としてしまったことを真摯に反省するのならば、今回から議長選出方法を見直すべきで、特に立候補者の所信表明を市民に明らかにすることが必要である」と強く主張し迫りました。

しかし、結局「幹事長会議の結果を尊重する」という「慣例」を重視することに自・公は終始したのです。

そういう慣例の偏重が今回の事態を招いたのだという意識が足りないのではないかと感じざるを得ません。

ただし、全会一致で可決された決議文に「政治倫理条例の制定」と「議長選出方法の見直し」が盛り込むことができたのは、数少ない果実だったと思います。

決議したのであれば、自公は抵抗することなく実現に向けて積極的にリードしていただきたいと思います。
posted by 鈴木友音 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127516719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。