2009年09月05日

議会が問われていること

まずは、議長である小梛輝信議員が逮捕され、議会が市民の付託に応えられていなかったことを、ひとりの議員としてお詫びいたします。

今、私は議長が逮捕されても議会は結局何も変らないのではないかという強い危機感を持っています。

この2日間、様々な議会内での動きや議員の言動を見聞きする中で、逮捕されたという現実をどこか他人事のように感じている、あるいは個人の起した事件のせいでいわれのない批判を浴びている被害者なんだという意識をもっている議員も一部にいるのではないかと感じることがあります。

市民がこの事件についてどう感じているのかを真っ直ぐに受け止めることがまず必要なはずです。

逮捕されるような議員を議長に選んでいたという事実が、千葉市議会の古い体質に起因する構造的な問題であることを全ての市民が直感的に理解されているはずです。

そして、もはや市民は、「議会は本当に変れるのか」ということを見ているのではなく、「どうせ議会は自らを変ることはできない」「なくてもいい」とさえ思っているのだということを何故感じ取ることができなのでしょうか。

今こそ古い体質と決別することができなくて、一体いつできると言うのでしょうか。

それとも1年半後の市議会選挙で市民が審判を下すまで、事件の本質を見て見ぬふりをして、安穏と過ごすつもりでしょうか。

会派の論理や議会の慣習とらわれず、議員ひとりひとりが自らの信念に従って、議会を変えるための行動をとるべきです。
posted by 鈴木友音 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127314748

この記事へのトラックバック

新議長選出では所信表明など市民にわかるオープンな選挙を
Excerpt: 前回の記事でも触れましたがおなぎ氏の逮捕、議長室及び宅地課への県警による家宅捜索という最悪の結果になってしまいました。そればかりか...
Weblog: 市民ネットワーク花見川  
Tracked: 2009-09-05 08:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。