2009年08月29日

明日は衆院選挙

今夜からNHKで「再生の町」という自治体の財政再建をテーマにしたドラマが始まりました。

この時間帯は「ハゲタカ」や前回も「リミット」という骨太の良質なドラマが放送されるので、今回も興味深くみています。

財政再建は誰もが必要であると認識しますが、いざ実行するとなると、それぞれの事業で恩恵をうけている市民へのしわ寄せや、行政サービスの低下でたいへんな反発を受けることになります。

よくいわれる「総論賛成、各論反対」の典型です。

何度も話しているように、千葉市も今、危機的な財政状況にあります。決して他人事ではありません。全ての千葉市民にこのドラマを見てもらい、千葉市の財政に関心を持っていただきたいです。

さて、明日がいよいよ選挙です。

報道では自公の大敗、民主党の圧勝といわれています。

本当にそうなるのかまるで実感がわきません。市長選のときもかなり早い段階から「熊谷優勢」が伝えられていましたが、長く続いた旧体制が体の隅々まで行き渡っていて、頭では当選するだろうとわかっていても、そうしても信じられない気持ちでいっぱいでした。

明日、本当に政権交代となれば、間違いなく歴史的なことなのでしょうが、一方で、これほどまで長く政権を取り続けてきた自民党の凄みを感じます。

「政権選択選挙」というアジェンダセッティングをされた時点で、自民党にとってはどうしようもない逆風となってしまいました。

おそらく民主党の政策を本当に理解した上で「よい」と思っている有権者はあまりいないでしょう。しかし、賛同にしろ批判にしろ注目される政策は民主党のものばかりで、自民党の政策がほとんど報道されていません。

報道されるのはいつも民主党批判ばかり。そういえば自公のネットCMも民主党批判です。結果的に悪い部分も良い部分も民主党ばかりが注目されてしまいました。

前回の「郵政選挙」のようなアジェンダセッティングを自民党が自ら仕掛けられなかったとこが選挙上の致命的な戦略ミスだったのかもしれません。

もちろんこれは表層的な現象にすぎず、やはりバブル崩壊以降、静かに地殻変動が起きていて、ついに、「自民党的」な政治モデルが破綻をきたしたのだろうと直感的に感じています。

いずれにしても、いよいよ本格的に国民が「政党に任せる」のではなく「政党を育てる」時代に突入するのかなという期待が高まります。
posted by 鈴木友音 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126778285

この記事へのトラックバック

政権選択選挙
Excerpt: 明日は衆院選挙 ... 「政権選択選挙」というアジェンダセッティングをされた時点で、自民党にとってはどうしようもない逆風となってしまいました。 おそらく民主党の政策を本当に理解した上で「よい」と..
Weblog: アゲアゲ↑ニュースダイジェスト
Tracked: 2009-08-30 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。