2011年02月28日

35のスポーツ施設の指定管理者選定議案が廃案へ

今日は教育未来委員会での審査に委員として質疑・採決を行っていました。委員会では市長が提出した9本の議案について議論、採決がありました。

今回の議会には、公共施設の管理を任せる企業や団体を決めるための30本の指定管理者の議案が出ています。

このうちのひとつである「高洲市民プール他34施設」という議案だけが教育未来委員会で自民党と共産党によって「継続」という決定がされ、議員が4月で改選となるため、事実上の廃案になる見込みとなりました。

共産党については、以前から公共施設を民間に管理させること自体を否定していたため、筋論として理解できるのですが、自民党については民間に任せる指定管理者を否定しておらず、他の29の議案については全て賛成したにもかかわらず、この1件だけをなぜか「継続」とし、廃案に追い込むという判断をしました。

もともとこの「高洲市民プール他34施設」は、スポーツ振興財団という市の外郭団体が管理していましたが、昨年末に実施された外部委員会による選考の結果、テルウェル東日本とスポーツクラブNASの共同事業体に負けて、スポーツ財団は敗れてしましました。

こういう市の外郭団体が市外の民間事業者に負けてしまい仕事を失う事例というのはこれまでもあり、また今回の30議案の中にもいくつかあります。

議論の中では、主にコスト面で民間に負けたため価格偏重であるとか、市外の会社が勝ったためもっと市内の企業や財団を優遇すべきであるとか、敗れたスポーツ振興財団の職員は他の財団に転籍するため財政支出が増えるのではないか、などの意見がでていました。

私としては、こうした指摘は確かに間違っておらず、これまでも、これからも是正していかなくてはならないと思っています。しかし、こうした指摘は他の指定管理者の議案についてもあてはまることで、この「高洲市民プール他34施設」だけが批判されるべき問題ではないと思っています。

さらに、選考過程自体も透明性が担保されており、選考の結果についても特段の問題はみられませんでした。提案書も見ましたが、テルウェル側が問題のある管理をしそうであるとは到底思えません。

したがって、指定管理者の制度を巡る様々な課題があるにしても、公正な競争の中で選定された事業者を排除するような決定はできないと考え、他の議案と同じく私は賛成を表明しました。

しかし、自民党は、上記のような指摘も含めて多岐にわたる疑問や批判を繰り返し発しているため、議案に反対するのかと思えば、賛成でも反対でもなく「継続」とし、事実上の廃案にして、4月からの当該施設の運営方法については市長の専決処分に委ねることにしてしまったのです。

指定管理者の指定は本来、議会の議決によって行うべきであるにもかかわらず、とりあえず市長の判断を丸投げしてしまうことは、はたして議会は何のためにあるのか、議員は何のためにいるのかと、議会の存在価値に疑問を投げかけられる問題だと率直に感じます。

長年やっている議員さんからはそんなことはないと反論されるかもしれませんが、市民が見たら、私と想いをする方は少なからずいることでしょう。
posted by 鈴木友音 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

予算分科会審議中

今日も予算審議が続いております。現在は会議が休憩中です。

ニュージランドのクライストチャーチで大地震が起き、日本人の方も行方不明となっています。日本からも国際救助援助隊を派遣しましたが、千葉市の消防局からも派遣されております。一人でも多くの方が救出されることを祈るばかりです。

今日の予算分科会は、こども未来局と教育委員会の予算審査が行なわれております。

私の質疑時間はすでに終わりました。主な質問項目です。メモ書きなので正確ではありません。


こども未来局

ひとり親家庭の支援について

1.児童扶養手当の支給している世帯の件数(3カ年の推移)
  父子家庭への児童手当が始まったが、問い合わせ件数、支給世帯数

2.今年取り組んでいる医療クラークの資格取得について、定員が10だったけど募集はどのくらいあったのか。また、現在、まだ合格まではまだあるようですが、合格後の就職のサポートはどうするのか。
 来年度の事業の拡大はどう考えているのか

3.後期計画でひとり親家庭ハンドブックの作成とあるが、現在、また来年はどのような取り組みを行うのか。


教育委員会

学校施設の耐震化

1.23年度末の耐震化率は?改修工事前倒しの見通しは?

科学フェスタ

1.キャリア教育としての側面があると思うが、フェスタを通じてどういった人材を育成すると考えているのか

2.どのような企業や学術機関の参加、協力を予定しているのか。

3.一過性のイベントにするのではなく、長期的な千葉市の産業振興や将来の技術者、教育者の育成に繋げていく必要があると思うが、来年度以降についてはどう発展させようと考えているのか

図書館の書籍購入

1.広告料収入などの自主財源の発掘も強化すべきでは?
posted by 鈴木友音 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

予算審査特別委員会

今日から予算審査特別委員会が行なわれました。

今日は財政局の審査がありました。千葉市の財政危機を脱するために、どれだけ順調に財政県に向けた取り組みができているのか、市民の皆様も気にされているかと思います。

去年は財政健全化プランを策定して、思い切った事務事業の見直しなども行ったため、歳出の抑制はかなり進みました。さらに、来年度は国からの地方交付税が増えることもあり、当初の計画にそった財政健全化指標の達成が見えてきました。

とはいえ、最近、国債の格付け評価が低くなったり、国の予算関連法案の見通しなどもあって、債券市場の金利が上昇していることもあり、まだまだ予断を許さない状況です。

財政再建に向けて、私も収入増の対策などを提案していくつもりです。

以下、主な質問項目のメモ書きです。

財務局
1.今年度から市税事務所が設置され、徴収業務の体制についてどうかわったのか。また、体制の変更が来年度には、どの程度の効果が現れるのか。

2.健全化プランで将来負担比率の低減を平成25年までに270%以下としているが、23年度末の見込みと、達成の見通しについて

3.収支不足への対応として土地売り払いの見通しとして約30億円見込んでいるが、その内訳(公募とそうでないもの)はどうなっているのか。また、公募での売却の実績(3年間)を教えてほしい。

4.行革推進のなかで「保有財産の最適化の推進」とあるが、最適化というのは具体的にどういったイメージなのか

総合政策局

(事務事業評価システム)
1.22年度の事務事業評価結果の予算への反映について。廃止事業36民営化1とあるが実績はどうか。また21年度ではなく22年度であらたに廃止と評価されたものは36のうちいくつか

2.現状維持としたものの中でも公共性が低くかつ行政関与の妥当性が低いとしたものが6件あるが、どうして廃止にはならないのか?22年度の評価システムの課題はどういったものと認識したか。


(内部事務の見直し)
1.どういった目的で内部事務の見直しを行おうとするのか?中期的に、また、来年度は何をするのか

2.見直すべき事務は外からではわかりずらく、担当者の意識改革なども必要だが、どのように見直すべき事務を掘り起こすのか?


(外郭団体の経営改革)
1.指定管理者の収入に依存する外郭団体のこれまでの経営改革が遅かったのではないか?

2.今後さらに外郭団体の統合も含めた見直しが必要ではないか?
posted by 鈴木友音 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

明日から予算員会

今日は代表質疑がおこなわれ、その後、予算審査特別委員会が開かれて、予算案についての概要説明が行なわれました。

明日から、予算審査のための分科会が開かれます。

今日は、分科会での質疑を行うため、予算の中身を調査中です。

私の所属する分科会は、行財政、子育て支援、教育、経済などが担当です。
posted by 鈴木友音 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

代表質疑2日目

今日は本会議で民主、共産、市民ネットから代表質疑がありました。

民主党

・公共料金の見直しについて
・国の補正への対応
・新基本計画について
・行政改革について
・区役所機能強化について
・市立病院について
・介護について
・合葬墓について
・子ども手当について
・保育所待機児童について
・焼却ごみ3分の1について
・経済活性化について
・幕張新都心の活性化について
・蘇我スポーツ公園整備について
・千葉駅周辺の活性化について
・市営住宅について
・入札制度改革について
・上下水道について
・消防指令センターについて
・新学習指導要領について

共産党
・国政について
・財政について
・指定管理者制度について
・毒ガス弾処理について
・大気汚染測定について
・住宅リフォームについて
・中小企業振興について
・公契約条例について
・はりきゅうマッサージ券について
・市職員の待遇について
・地デジについて
・自転車事故について
・国民健康保険について
・障害者福祉について
・幼保一体化について
・児童虐待について
・羽田空港の騒音について
・南部土地区画整理について
・駅の安全について
・消防について
・教員の待遇について

市民ネット
・庁内の情報システムについて
・指定管理者制度について
・外郭団体について
・資産経営について
・生活保護について
・高齢者福祉について
・地域福祉計画について
・雇用について
・子どもルームについて
・ひとり親家庭について
・生ごみ処理について
・環境教育について
・地域公共交通について
・住政策について
・教材教具費について
posted by 鈴木友音 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

大阪都構想と千葉

今朝のテレビ番組で橋本知事が出演して地方分権について議論をしていました。

愛知での選挙とあわせて、大阪都構想が話題になっていますが、なかなか分かりずらいものです。

特に具体的な設計図があるわけではないので、詳細の議論ができないことが原因でもあります。

橋本知事のお話を聞いていてわかったことは、大阪市を区に解体して大阪都(One大阪)としなければならない理由として、

1.大阪を中心とした市街地形成、経済圏は、大阪市よりも大きな領域に拡大しているため、大阪市の枠組みを越えた広域的な都市経営をする必要がある。

2.250万人もいる大阪市は大きすぎて基礎自治体といいながらも市民から遠い存在であるため、区長と区議会をおいてより住民に近い自治を確立する必要がある。

という2点でした。

大阪都構想自体は曖昧な部分が多すぎて評価できませんが、基本的な考え方についてはよく理解できました。

この考え方に基づいて、同じく政令市をもつ千葉で都構想が可能かどうか考えると、千葉では無理があることがわかります。

2番目について、問題意識としては私も持っていて、区議会を置くかはともかく、区役所分権はこれから住民主体のまちづくりを進めていくには必須であると思っています。

しかし1番目については、千葉だけでなく、神奈川や埼玉など関東の都市では、あてはめることができません。なぜなら関東の地方都市の中心というのは、良くも悪くも東京だからです。

東京というあまりにも巨大な都のベッドタウンとして成長してきた関東の政令市は、本当の意味でその県の中心にはなりきれないのです。例えば市川市や船橋市の市民が「千葉市が千葉県の中心だ」と実感を持って言える人はどれだけかと想像してみてください。

その一方で大阪市は、間違いなく関西の中心であり、言わずもがな大坂府の中心です。だからこそ、橋本知事が誕生するずっと前から、「都構想」というものが現れては消え、消えては現れてきたのでしょう。

千葉、神奈川、埼玉であれば、都構想のような巨大な権限をもつ行政府を作るよりも、県の権限を市町村に降ろしていって、発展的に解消する方向性が適しているかもしれません。

結局、何が言いたいのかというと、歴史や文化、地理条件によって、行政のありかたも、議会のありかたも、本来違っていいものだということです。今の自治体の制度は少し窮屈です。

私は道州制も含めて、いわいる「自治体再編論」については、それほど意味のあることだとは思っていません。

あくまでも「公が何をするべきか」からはじまって、「公がすべきそれを誰が担うべきか」を検討して、その結果として自治体の枠組みが決まるものだとおもっています。

自治体の枠組みを先に作って、そこに現在の公の仕事を振り分けるやり方では、「枠組みは変わったけれども、中身はなにも変わっていない」という結果になることが目に見えています。

枠組みを変えて「日本を変えた」と思うのは、それこそ政治家の思い上がりでしょう。
posted by 鈴木友音 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

代表質疑1日目

今日から議会では来年度の予算案を含む今定例会で提案された議案にたいする代表質疑が行われています。

質疑の主な質問項目は以下のようなものでした。

自民党

・予算編成方針について
・財政健全化について
・市税収入について
・実施計画について
・指定管理者制度と外郭団体について
・ホームページのリニューアルについて
・区役所行政について
・口腔がん検診について
・飼い主のいない猫の問題について
・保育、幼児教育について
・焼却ごみ3分の1について
・中小企業資金融資
・住宅政策について
・千葉駅周辺整備について
・道路占用料の改定について
・国道357の渋滞解消について
・加曾利貝塚について

公明党

・防災について
・無縁社会について
・財源確保について
・基金について
・市債について
・公会計について
・外郭団体について
・住宅政策について
・自主防災組織について
・学校校庭の芝生化について
・市民協働事業について
・幼保小連携について
・小中一貫教育について
・キャリア教育について
・庁内の情報システムについて
・区役所機能について
・高齢者福祉について
・こども医療費について
・ゴミ処理計画について
・産業振興戦略について
・雇用マスタープランについて
・農業について
・千葉駅西口再開発について
・救急について

今回の予算議会は熊谷市政になって2回目の予算編成となるわけですが、去年の予算議会では、かなり大胆に歳出カットをしたため、自民党を中心に異論が噴出し、一部修正して予算が可決しました。

今日の代表質疑では、去年ほどではないものの、いくつかの新規事業への疑問や昨年切られた事業の復活を意見などがありました。

また、指定管理者制度の選定結果についての異論もですなど、これからの審議の中で様々な議論がでてきそうです。
posted by 鈴木友音 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

議案研究2日目

昨日から予算議会がはじまり、3日間にわたり予算案を中心に各会派で議案研究が行なわれています。

無所属では、環境、経済、教育などの内容について、当局から説明を聞き、中身についての質疑応答を行いました。


予算については、市のホームページから確認できますので、関心のある分野などチェックしてみてください。

財政課・平成23年度当初予算(案)について
posted by 鈴木友音 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

予算議会はじまる

今日から千葉市議会では定例会がはじまりました。

今回は予算議会ということで、千葉市の来年度の予算を審議する重要な議会となっています。

来年度予算も「脱・財政危機宣言」をうけて緊縮型の予算編成となりました。(予算規模自体は、生活保護費の伸びや子ども手当の増額の影響で増えています。)

予算案の拡充された事業の中では、おそらく子ども医療費助成の3年生までの拡大が、市民の多くの方が待ち望んでいたものではないでしょうか。

すでに千葉県内の他市では3年生まで無料(300円)となっていますが、千葉市だけが子供の数が多いうえに、県からの補助金が不当に少ないため財政的に拡充することができませんでしたが、補助金の額が多少増えたことで、何とか来年度の予算案に盛り込むことができたようです。

これから中身は、議会で精査されていきますので、市議会の審議にも注目してください。
posted by 鈴木友音 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

来週からは

議会レポートのアンケートにご協力いただいた市民の皆様ありがとうございました。

アンケート結果については、近日中に概略をホームページに掲載いたします。

来週の15日から千葉市議会では予算案などを審議する定例会が開催されます。

来年度の市民福祉に直結する予算の審議ですので、傍聴やインターネット中継などで、ご覧いただければと思います。

2年前に熊谷市長が誕生した時には、議会も傍聴者でいっぱいだったのですが、最近は、また、少なくなっています。

ショーではないので、決して面白くはないですが、何度か見てもらえれば市政に関する様々な課題が見えて、市政への要望や選挙での投票などで役に立つと思います。
posted by 鈴木友音 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

愛知の結果

今日は一般質問の通告をしてきました。任期4年の最後の議会です。

無所属であるため1回20分と時間は短いですが、様々なテーマを取り上げることができました。

さて、今回の通告内容は次のとおりです。

1.経済振興について
 (1)起業促進について
 (2)電子マネーの活用について

2.自転車利用の促進について


私の質問は、歳出削減や保健福祉の分野が多いのですが、今回は未来志向の質問です。

さて昨日、愛知で知事選と名古屋市長選挙、そして政令市で初のリコールに伴う市議会解散を問う住民投票が行なわれました。

結果は、河村さん、大村さんの地域政党連合が圧勝でした。特に住民投票については7割が解散を支持しました。

住民の手で選ばれた議員が住民の手で失職させられる。

河村市長の手法や主張は置いておいても、220万人の政令市で実現したのですから、時代が時代なら民主主義による革命とも言えるかもしれません。

政策についても自身については「減税」、議会に対しては「議員報酬削減」という極めてわかりやすいメッセージであったため、市民の心をがっちりとつかめたのでしょう。

河村市長が批判する、いわいる「職業議員」については、私もサラリーマンや主婦といった普通の市民が議会活動できるような制度のほうが理想だと考るので理解しますし、政令市の議員報酬は高すぎるというのも、もっともな話です。

しかし、議会のリコールを、市長自ら先導してしまうことには、甚だ疑問です。リコールの成立自体も河村市長がいなければ到底できたとは思えません。

河村市長のような圧倒的なパーソナリティを持った人物がいなくても、市民の発意で、市民の運動によって政令市の議会や市長をリコールに追い込むことができたら、本当の意味で市民が市長と議会を監視し、市長や議会にもっと仕事をさせることができるでしょう。

国政や、強烈な個性でメディアに取り上げられる首長ではなく、自分たちが住んでいる地域こそ、その地域を作っている市長と議会があるのですから、ぜひ、地方議会にもっと注目して、住民自ら市長と議員を厳しく監視していただきたいと思います。
posted by 鈴木友音 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

少しずつ

少しずつ日がのびてきて、日中は温かくなってきました。

今日から定例会の一般質問の通告が始まっています。今日中に出したいと思って、いろいろとヒアリングをしていますが、なかなか内容がかたまらない状況です。

自転車の利用について、最近はいろいろと勉強しています。

ちょうど国道14号の幕張近辺では自動車走行レーンの工事が2年くらいかけて行われていました。

歩道が拡幅されて車道よりに青いカラー舗装がされました。毎日のように走っていますが、なかなか走りやすいです。

とはいえ、まだまだ歩道側を走っている人も多いので、誘導に工夫が必要ですね。

「自転車は車道を走る」のがルールなのですが、国道のように猛スピードで走る車があると、怖くて走れないというのが実態です。

千葉市では自転車が走りやすい道を案内したマップを作っています。完成までにはまだまだかかるようですが、いろんな可能性をもったマップになりそうなので、今からとても楽しみです。
posted by 鈴木友音 at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

指定管理者の選定結果

予算議会直前ということで、事前のヒアリングなどを行っています。

今定例会では、5年ぶりに大量の指定管理者の選定がありました。多くの施設で管理費の削減があり、民間参入の機会が広がったことで市の委託料は大幅に減ってきています。

しかし、指定管理者制度にはいろんな「副作用」があって、よく言われることとしては、非正規の安い人件費で民間が受託していることで「官製ワーキングプア」を生み出しているという批判もあります。

今回の選定結果でも、人件費が高い外郭団体が民間の事業者に負けるという結果が散見されました。

5年前にも駐車場整備公社が民間の事業者に負けて、廃止を余儀なくなれたのですが、今回もスポーツ振興財団と観光協会が主として収益源となっていた指定管理を民間に負けてしまったため、この2つの団体は事業と人員の大幅な縮小に直面しています。

私が2年前に外郭団体の統廃合の必要性を議会でとりあげましたが、これは、指定管理者の収益に依存する外郭団体は経営上のリスクが極めて高いので、早期に経営の見直しが必要という思いからでした。

外郭団体が不要であるということではなく、施設管理にとどまらない、より市民福祉の向上に資するために事業領域を拡大することで、経営上のリスクも軽減できると考えていました。

これから外郭団体の役割は何なのか、新しい知恵が必要です。
posted by 鈴木友音 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

幼保一体化だけじゃない?

さて、最近の報道で「幼保一体化」について、中身がころころ変わっているというニュースを頻繁に聞くようになりました。

自民党政権時代は「幼保一元化」といわれていましたが、幼稚園と保育園の給付やサービスなどを統一的なものにしようという話は、ずいぶん昔から議論されてきました。

今日は政府が検討している「子ども・子育て新システム」についての勉強会に参加しました。

「幼保一体化」とは「子ども・子育て新システム」の一部のことです。「幼保一体化」という言葉が独り歩きしているため「新システム=幼保一体化」というイメージを私も持っていたのですが、実態としては、子育て支援全般にに関わる「まったく新しい仕組み・制度」だということです。

「新システム」でなにを実現しようとしているかというと

・政府の推進体制・財源の一元化
・社会全体(国・地方・事業者・個人)による費用負担
・市町村の重視
・幼保一体化
・多様な保育サービスの提供
・ワークライフバランスの実現

といったもので、「幼保一体化」というのは新システムの一部であることがわかります。

実際の中身は詳細まで決まっていないため、判然としないのですが、どうやら「介護保険」のように、子どもの保育の必要度を市町村などが認定して、必要なサービスを保護者と事業者が直接契約によって受けるという制度のようです。

えっ?本当にこんなことができるのか?というのが率直な感想です。子供全員の保育の必要性をどうやって把握するのか?事業者でサービスの格差が生まれないのか?などなど疑問点が多々出てきます。
posted by 鈴木友音 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

千葉市議会議員選挙立候補予定者説明会

今日は本庁での説明会に参加してきました。広い正庁(会議室)が、いっぱいになるほど予定者やその関係者が集まってきました。

4年前にも、同じ説明会に参加しましたが、知らない人ばかりで少し緊張しましたが、今回は、顔見知りの方もいて、選挙に関するいろいろな話ができました。

明日の新聞で、どの区に、どれだけの「陣営」が来たか発表されると思います。

「陣営」という言い方は、なんだか戦国時代の合戦のようです。公職選挙法には、いまだに提灯の利用についての規定があったりと、選挙だけは世の中の変遷からすっかりと取り残されています。
posted by 鈴木友音 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。