2010年12月03日

常任委員会

今日は常任委員会の日でした。

私の所属する教育未来委員会の議案は、学校統廃合と学校新設が主なものでした。

千葉市でも地域によっては、子どもたちの人口が急速に減っていたり、または住宅地として開発されて人口が急激に増えていたりと様々です。

基本的には少子化の中で今後、学校が少人数になってしまい統廃合を検討する必要が出てくる学校が増えていきます。

現状では団地の多い美浜区で、統廃合が進められています。もちろん地域の学校がなくなることですから、地域住民の合意をとることが不可欠で、スムーズに進む話ではありません。

クラス替えもできないほど子どもの少なくなった学校は、なるべく統合していった方がいいのだろうと個人的には思いますが、学校は地域の財産ですから跡地利用も含めて慎重に議論する必要があります。

そうした中で、今回上程された真砂や高洲の地区で統廃合ができことは、地元の方の理解や教育委員会の努力はたにへんなものだったと思います。

そして子どもたちが学校の環境が変わることで、悩みを抱えてしまわないようなサポートが一番、重要です。
posted by 鈴木友音 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。