2010年12月02日

議案質疑

今日は議案質疑が行なわれました。

やはり土地開発公社の解散について、質疑が集中しました。

土地開発公社についてはブログでも度々とりあげてきましたが、事実上の債務超過に陥っている公社は早期に解散して、少しでも金利負担の軽減と平準化を図るべきというのが、私のかねてからの持論であり、議会でも要望してきました。

とはいえ、土地開発公社が100億円もの債務超過に陥っていて、解散に当たって千葉市は土地開発公社に対する100億円を「債権放棄」しなければならないのですから、土地開発公社を通じた千葉市の運営責任を問われずに済むというわけにはいきません。

議案質疑では、過去の土地購入の経緯や責任の所在を追求する質問が相次ぎました。不可解な土地の売買や、土地の下落が続いているのにもかかわらず買い続けた見通しの甘さなどを指摘していました。

将来を見据えて今とれる最善の策は「解散」すること。

しかし、過去の失敗で失ったお金は莫大。

どんなに追求しても、損失はもう取り戻すことのできません。過去の清算というのは本当にむなしいだけです。当時の責任者が議場にいるわけでもなく、怒りをぶつけるところもありません。

二度と同じような過ちを繰り返さないように、厳しい目でチェックしていくしかありません。
posted by 鈴木友音 at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。