2010年10月20日

マリーンズがCS優勝

「CS優勝」というタイトルがあったんですね。単に日本シリーズの権利がもらえるだけかと思ってました(笑)

幕張にロッテが移転してきてからのファンで、いまだに勝てない時代の感覚でいるものですから、まさか2005年の優勝からこんなに早く「優勝」のタイトルが手に入るとは思ってもみない喜びです。

今年は、荻野貴が彗星のように現れてスタートダッシュに成功しましたが、その後は多くのけが人を出して、なかなか思うように勝ち星を積み上げていくことができませんでした。

ペナントレースでのパの成績はどのチームも団子でしたが、ここぞという試合で負けてしまい、終わってみればパ・リーグ優勝を逃してしまい本当に悔しかったです。

しかし、最後まであきらめず粘り強く戦った結果、こんなに素晴らしいプレゼントが待っていたとは夢のようです。

成瀬は、17勝したときを思い出させるような神がかり的なピッチングでした。ちょうどあの年は、CSでハムのダルビッシュに負けてしまいました。私も当時、マリンのPVで観戦していましたが、成瀬の泣いている姿を見て、会場のファンみんながもらい泣きをしてしまったのをよく覚えています。

今年も勝ったり、負けたり苦しい投球が多かったですが、最後に杉内という素晴らし投手に2連勝もして、本当によかったです。

ここまできたら、当然、目指すは日本一です!

何しろ、マリンズファンは一度も目の前で、千葉で胴上げを見ていないんです!

西村監督をマリンで胴上げだ!!
posted by 鈴木友音 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。