2010年07月30日

視察の必要性

連日の雨で、うだるような暑さもひと息つきました。また、明日からは猛暑のようです。

さて先日、常任委員会の視察に行ってきたのですが、去年は体調不良で参加できず、2年ぶりの参加となりました。

久しぶりに参加して、常任委員会の「視察」についていろいろと思うことがありました。

「視察」には、議員や会派が政務調査で実施する視察と議会として各委員会が実施する視察が主にあります。

政務調査費で支出するものについては、領収証の添付や報告書の作成が義務付けられたため、その内容を巡って住民監査請求がだされるなど、議員にとっては不遇の状況、市民にとっては透明化が図れる状況になっています。

一方の委員会の視察ですが、基本的に委員会の所管事務について調査をするわけですが、内容自体は議員の要望を聞きつつ、議会事務局と委員長、副委員長が話し合って決めます。

この内容というのは、政令市でなんとなく先進的な取り組みをなんとなく見に行くという感じになっています。(もちろん、行けば行ったなりに参考になるので議会での質問でも取り上げたりします。)

私は常任委員会の機能強化が急務だと考えているのですが、本来であれば、年間の調査計画をたてて一定のテーマでの政策提言を行うための、ひとつのツールとして視察を位置づけて、市長部局に提案していくという「目的志向の視察」にしないといけないのですが、実際には、場当たり的です。

しかも、議員10人以上を連れてのツアーとなるため、行程の設計や他市との調整、ホテルや交通手段の手配、お金の管理、さらには議員の食事のお世話までを一手に引き受けている議会事務局の職員の負荷は半端ではありません。もはや「添乗員」と化していて、これが事務局の本来の仕事であるとは思えません。

今回もたいへんそうな職員の姿をみるにつけ、いまのような委員会の視察のあり方では、もう止めるか、せめて2泊3日ではなく1泊2日くらいにして、職員の負荷を減らすべきだと改めて思いました。

私はこの情報化の時代に、よっぽどの理由でもない限り、遠出して視察する理由はないとおもっています。

特に千葉市は東京近郊の政令市ですから、参考にすべきはより同質性のあるさいたま市や川崎市、横浜市です。どうしても札幌や福岡になどの遠方に行きたいというのであれば、議員が個々に政務調査費で行けば十分ではないでしょうか。
posted by 鈴木友音 at 18:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。