2009年12月05日

タウンミーティング

今日は緑区で開催された基本計画策定に向けた市長と市民との対話集会「タウンミーティング」にいってきました。

091205_1426~01.JPG

実は明日、花見川区でも区役所でタウンミーティングがおこなわれます。私は残念ながらいけないので、代わりに緑区にいってきました。

花見川区と緑区は千葉市の端と端で、緑区役所に行くのも初めてだし、緑区内ではどんな課題があるのかもあまりよく知らないので、そういった意味でも貴重な意見も聞けてよかったです。

今回のタウンミーティングは「基本計画」策定に向けてという趣旨のため千葉市の10年後、20年後という長期的な視野にたって、広く意見を頂戴するという場でした。

市長もまず、千葉市の現状や今後の人口、財政予測などを説明し、タウンミーティングの趣旨も強調していましたが、実際の意見は、やはりゴミを削減する方法であったり、地域の道路拡幅問題であったり、個別具体的な要望がほとんどとなっていました。

直近で様々な課題が山積している中で、そんな先のことの意見を言うというのも容易なことじゃないことを実感しました。

市民一人ひとりの素朴な思いとして、千葉市がどんな都市になっていってほしいのかという、漠然としたイメージや夢を聞けたらよかったのになと思います。

とはいえ、財政や交通、福祉などに対する具体的なアイデアが次々に出されるのを聞いて、こういう市民の力を活かせるまちづくりが重要なのだと思います。特にこれまでの千葉市は、この点が弱かったので、今後期待できるでしょう。

ところで、市民の意見の中から、議会に対する厳しい意見もいくつかありました。

私が10月に実施した議会改革に対する市民アンケートをみても、やはり議員定数と議員報酬の削減を市民の方は求めています。

たまにブログで書くように、議員定数は法の許す最大にまで増やして、議員報酬は3分の1か、もしくは半分程度にすべきというのが私の持論です。残念ながら超少数派の意見ですが・・・。
posted by 鈴木友音 at 18:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。