2009年12月31日

大みそか

今年最後ということで、一年の振り返りを少しします。年末の駅頭で話している内容とほぼ同じですが・・・。

今年は県知事選挙からはじまって市長選挙、衆議院議員選挙と、まさに千葉は選挙イヤーでした。しかも、すべての選挙で政権が変わってしまうという特筆すべき年となりました。

当然、市議としては市長選挙で私も応援した熊谷市長が当選したことが、もっとも印象深く、これから先、いつまで市議を続けるか分かりませんが、議員生活を振り返った時に、最も重大な出来事であったと思いだすに違いありません。

ちょうど去年の年末年始に熊谷市長とミニ事業仕分けを実施していましたが、まさか熊谷さんが市長になって本物の事業仕分け(事務事業評価)を実施することになるとは夢にも思いませんでした。

しかし、この政変劇は、現職市長の収賄容疑による逮捕という、千葉市にとって不名誉な事件によりもたらされたものです。

さらに議会のトップも恐喝未遂で逮捕されるなど、市政の信用は失墜しました。

とはいえ、私と考え方が近い市長が誕生して、モノレール凍結や蘇我スポーツ公園の縮小、市民参加の推進が図られて、財政危機のさなかではありますが、一歩一歩、希望ある将来に向けた市政改革が進みつつあります。

2009年という激変の月日を糧に、千葉市の未来に少しでも力を尽くしたいところです。
posted by 鈴木友音 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

外郭団体経営評価委員会報告書

先日、外郭団体経営評価委員会報告書というものがまとめられました。

平成17年に「千葉市外郭経営見直し指針」が策定され、これに基づき平成19、20年と経営評価委員会が発足し、外郭団体の経営について専門的な知見から、ヒアリングを行ってきており、すべてのヒアリングが終わりそのまとめとして報告書が作成されました。

委員会による外郭団体へのヒアリングは公開で実施されていたため、私自身も傍聴したり、また議事録をつぶさに読んできました。

ちょうど去年の今頃、議会で外郭団体の統廃合について質問するため、あれこと調査していたのを思い出します。

そもそも、根本の「指針」自体が、ひじょうに緩やかな見直しを提案しており、外郭団体の根本的な経営改革にはあまりにも貧弱だと思っています。

そして、委員会報告も結局は、その立ち位置として、ヒアリングして助言する程度のものであるので、具体的な統廃合も含めた外郭団体の経営改革はまったく見えてきませんでした。

市長がかわりましたし、外郭の抜本的な見直しを今後も求めていきます。
posted by 鈴木友音 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

年末の生活対策

先日もブログで去年の「派遣村」教訓とした市としての年末年始における生活支援対策についてお伝えしましたが、さらに追加の対策が発表されました。

求職中にもかかわらず住宅を喪失している人にたいし年末年始の一時的な避難として、市が借り上げた宿泊施設を提供します。残念ながら借り上げた施設はわずかなようですが、何もなかった去年よりは1歩前進です。

28日から4日まで各区役所で相談を受け付けるそうです。
posted by 鈴木友音 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

幕張駅にて

今年最後の朝の駅頭を幕張駅でおこないました。

スピーカーの電池が切れてしまい、中途半端な演説になってしまいましたが・・・。

肺炎の影響で、演説が終わると若干、胸に違和感が!?友人の肺炎経験者に聞くと3か月から半年くらいは、運動とかすると違和感を感じるとのこと。

学生時代は陸上部で呼吸器系には自信があったのに、今は昔か。
posted by 鈴木友音 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

幕張本郷にて

今日は、年末の駅頭として幕張本郷駅にて演説を行いました。

内容は、第4回定例会の結果と、今年の市政全般に関する振り返れを行いました。

肺炎が治ってからはじめての駅頭でちょっと不安がありましたが、とりあえず乗り切りました。ただ、久し振りで、しかも寒かったので疲れました。

体調になにも変化がなければ、幕張と新検見川でも年内に駅頭する予定です。
posted by 鈴木友音 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

年末年始の生活対策

さて、今週で定例会も終り、来週からは12月の終盤にさしかかり、年末のムードが高まっています。

昨年の年末年始はリーマンショックの影響で多くの労働者が解雇され、日比谷公園にあらわれた『年越し派遣村』が連日、メディアを独占していました。

1年たっても経済状況はあいかわらず一進一退です。年末年始の公共サービスの窓口が休みになるため、真冬の最中、適切な公共サービスが受けられないという事態を防ぐため、今年も昨年以上の体制を整える自治体がほとんどです。

千葉市の体制はというと、29、30日は各区の福祉事務所や保健センターの窓口が開いており生活保護や住宅手当などの相談に応じ、さらに保健師がそれぞれの窓口に配置され心の健康相談もできるようにするとのことです。

さらに、生活福祉資金といって、当座をしのぐ小口資金の貸し付けも行うとのことです。

それとハローワークで失業者の生活相談ができるという「ワンストップサービスデイ」も12月22日に県内のハローワークの各事務所で実施されます。
posted by 鈴木友音 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

政治倫理条例

市長の倫理条例案が公表されパブリックコメントを募集しています。

議会でも年明けの定例会に市長側の条例と同時に上程するため、正副議長会議で内容について詰めの協議が行われています。

今日は議長案が示され、これに対する各会派の修正点について議論がなされました。

特に一番の論点は、議員の資産公開をどうするのかという点でした。

結果から言うと、まだ結論がでず、再度、各会派で持ち帰りとなりました。

ポイントは議員本人だけではなく、配偶者や扶養者など同居の家族も含めて資産公開をおこなうかどうかという点です。

政治倫理条例の先行市である福岡市では、家族も含めた資産公開を義務付けています。

なぜ、家族を含めるのかというと、不正な資金が家族名義の口座に蓄えられていないかというチェックをするためです。

独身である私としては、どこまで対象になっても構わないのですが、ほとんどの議員は家庭があるためそう単純にはいきません。不正な資金を蓄えないのは当然なのですが、家族のプライバシーを公開することに強い抵抗がある議員も多くいます。

議論の中では、「不正をしようと思う人間が、家族の口座に入金するだろうか
? 例えば会社名義にしてしまうとか、いくらでも抜け道がある」から家族を含めても意味をなさないというような話もありました。

実は市長案は、「市長」という立場ががら、強い権限を持っていて地位を利用した金銭授受の可能性も家族も含めているのですが、それでは議員もそれと同等にすべきかというところで、議論が割れております。
posted by 鈴木友音 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

一般質問最終日

一般質問の最終日は次のような項目で行われました。


小松ア 文嘉 議員(自由民主党)

1 誇れる千葉市について
(1)IR活動について
2 老朽化した中高層住宅の建てかえ支援について
3 有害鳥獣対策について
4 高速バスについて
5 健やかな子ども達を育てる環境について
(1)教材費について
(2)新学習指導要領の遵守について

田沼 隆志 議員(無所属)
1 教育問題について
(1)歴史教科書の採択方法について
(2)学校教育推進計画について
2 稲毛区選挙区補欠選挙について

小川 智之 議員(自由民主党)
1 行財政改革について
(1)インセンティブ予算について
(2)ファシリティーマネジメントについて
(3)コンピテンシーについて
2 入札制度について
(1)資格要件について
(2)地元企業への発注・育成について
(3)新技術・新製品の導入について
3 こどもの力フォーラムについて
4 赤ちゃんの駅について
5 観光農園の育成について
6 縄文の森について

松坂 吉則 議員(自由民主党)
1 行財政改革について
(1)区役所と市役所の出先機関のあり方について
(2)給与及び諸手当のあり方について
2 千葉駅西口再開発について
3 教育基本法について
4 職員の法制執務能力の向上について

山本 直史 議員(新政ちば)
1 市民が地域で活躍できる場の創出について
(1)高齢者・障害者・失業者・就労困難者への対応について
(2)農業分野における可能性について


小松ア議員は、「脱・財政危機宣言」とIR活動への影響についての質問。千葉市の市民公募債は、金利が毎年下がってきていて、今年はついに0.82%ということで1%を切ってしましました。販売開始5日くらいで完売する人気の金融商品なのですが、これだけ下がる、条件のよい定期預金とか変わらなくなってきました。

田沼議員は、改正教育基本法の趣旨にのっとった愛国心をはぐくむ教育について、千葉市の基本計画にもしっかり盛り込み、現場レベルにも落とし込むように求めていました。また、教科書採択のありかたについても、同様の趣旨にのっとった教科書を選定するように求めてました。

小川議員は、子育て支援策として赤ちゃんの駅の早期実現を求めました。これは私も早期にお願いしたい施策で、お金をかけず、乳児のいる家庭の外出支援になる事業として、多くの他都市で導入が相次いでいます。ぜひお願いしたいところです。

松坂議員は、市が職員給与のカットについて検討していることについて、慎重な対応を求めました。行財政改革をしっかり行い、その上で最終手段として行うべきとの主張でした。答弁では市長が「カットはしたくはない。しかし、本当に厳しい状況である」と発言し、理解を求めました。

山本議員は、市民が活躍できる場を創出するということで、休耕地を使った市民農園を増やすべきだとのことでした。老若男女とわず、農業に関心をもつ市民がたいへんふえていますので、都心に近いながらも多くの耕作地をもつという利点を活かす施策が必要であると感じました。


さて、私ごときの立場で言うべきことではないかもしれませんが、今日は市長答弁について一言ふれます。

稲毛区の補選における文書問題にたいする議会質問が連日おこなわれています。

今日は一般質問の最終日で田沼議員から再度、この点についての質問が行われました。

その中で「他の議員に応えました」というような、たいへん簡便な答弁をされましたが、これは軽率なものだったと感じています。

議場での答弁は、いかなる場合でも、いかなる感情を持とうとも、丁寧に答弁していただきたいと思います。
posted by 鈴木友音 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバー健康入浴事業について

先日、緑区のタウンミーティングに参加して、シルバー健康入浴事業の継続を求める請願が議会の常任委員会で全会一致で可決したことについて、当該事業に疑問を持たれる方からの議会に対するご批判の声を数人から聞きました。

この事業は先日、市が実施した事務事業評価で外部委員が廃止と評価した事業です。

私のところにも、このシルバー健康入浴事業についての賛否の意見をいただいております。

この事業については、たとえば緑区、若葉区、美浜区に公衆浴場がなく不公平であるとか、無料券の本人確認が不十分であり不正な使われ方がされているのではないかという懸念もあるなど、事業の運用上、多くの問題があることは認識しています。

しかし、私はそもそも独居高齢者の外出促進という事業趣旨、銭湯でのコミュニティの醸成、また介護予防的な側面から、さらには銭湯という日本の文化を守るという意味で、決して「無駄な事業」であるから廃止すべきであるとは思いません。

ですが、そのように考えた上で、なお、今回、議会に出されたシルバー健康入浴事業の継続を求める請願には、私は反対をいたしました。反対する議員は私ひとりのようです。

では、なぜ上記のような思いにもかかわらず、反対せざるを得ないのかといえば、シルバー健康入浴事業に限らず、あらゆる事業が来年度の予算に盛り込まれるかどうかは不透明だからです。

270億円というとてつもない収支不足のなかで、来年度の予算案では、現状のまま存続できない事業が山のように出てくると容易に予測できます。

それにもかかわらず、このシルバー健康入浴事業だけが聖域で、廃止の対象にならないのだとすれば、結局、そのしわ寄せが、別の事業のカットとなって現れるにすぎません。

この極めて厳しい財政状況の中で、限りある予算の中では、事業の優先順位をつけざるをえません。

しかし、議員が優先順位を付けられるのは、あくまで行政から予算案が出た段階であり、その中で、議員としてもっと削れる事業がないのか、また削られた事業を復活させることはできないのかを精査することができます。

行政側も事務事業評価で廃止・見直しとされたから、すぐになくすということはなく、予算全体を編成する段階の中で、取捨選択をすることになります。

従って、この収支不足を解消するあらゆる手立て、選択肢は残しておくべきで、私は予算の概要すらわからない今のこの時点で、シルバー健康入浴事業に限らず、あらゆる事業について、「これだけは廃止してはならない」ということを決めるべきではないと思っています。

たった一人だけ反対するという状況は初めてのことなので、非常に迷いましたし、勇気のいることでもありましたが、私の考え方にもご理解をいただければと思います。
posted by 鈴木友音 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

一般質問4日目

今日の一般質問は以下の内容でした。


常賀 かづ子 議員(市民ネットワーク)
1 動物愛護について
2 稲毛区のまちづくりについて
(1)稲毛駅周辺のまちづくりについて
(2)小中台保健センター跡利用について
(3)千葉市新基本計画における区基本計画策定に向けて

野本 信正 議員(共産党)
1 商店街振興の対策・駐車場対策・買い物の利便向上について
2 市営墓地について
(1)今後の墓地造成について
(2)墓参者に親切な行政について
3 都市景観について
(1)都市と地域のイメージアップについて
4 市長のマニフェストについて

向後 保雄 議員(自民党)
1 難病などの重度障害者の介護支援について
2 災害時要援護者支援計画(案)について
3 学校の適正配置と統合・学区再編について
4 待機児童解消について
5 事務事業評価に対する公開ヒアリングの結果について

高橋 秀樹 議員(民主党)
1 姉妹都市と国際交流について
2 市有施設における指定管理者について
3 無料低額宿泊所について
4 地域商店街の活性化について


常賀議員は、得意分野の動物愛護についてですが、犬の殺処分数が減少しているのに対し、猫の殺処分数が横ばいであるということで、ボランティア団体と協力して、殺処分数ゼロを目標に去勢などの体制づくりを求めていました。

野本議員は、かつてから要望していた千葉刑務所の外壁を景観に配慮した塗装をすることについて、ようやく実現した例をあげ、さらに都市景観の向上のためにモノレールの支柱を四季を表現したカラーに塗装することを提案していました。確かにあの柱の有効利用については、いろいろと思いつくことがあるのですが、法の壁などでなかなか難しいようです。

向後議員は難病であるALS患者を例に、重度の患者が介護サービスや障害者サービスを切れ目なく受けられるように、認定審査方法の柔軟な運用改善を求めていました。各区毎月1回の審査会を、必要があれば区外の審査会で早期に審議するように改善するようです。

高橋議員は、財政難の中でも姉妹友好都市の発展のために市民への関心を喚起することを市に求めました。通告外の意見として、あらためてカジノ誘致を求めていました。新政権も検討しているとの噂がありますが、実現のほどはいかがでしょうか。
posted by 鈴木友音 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

一般質問2日目

今日は一般質問の2日目で、私も登壇いたしました。

テーマとしては予防接種に関することで、ここ数年で任意接種で受けるワクチンが増えている現状の中で、子育て支援の観点から市としてどんな施策の展開があり得るのかを質問しました。

予防接種には法定接種と任意接種があり、法定接種は公費負担ですが、任意は自腹です。

ヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンなど、効果の高いワクチンが接種できるようになりつつあるのですが、いかんせん費用が高くて、保護者の意識によって接種に大きな差ができると考えられています。

市は財政危機の中、公費負担を選択するというのは事実上、困難なのですが、啓発のあり方などについて提案をしました。

盛田 眞弓 議員(共産党)
1 子どもの貧困について
(1)子どもの貧困の進行と実態について
(2)児童相談所について
(3)児童養護施設について
(4)子育て支援について
ア 就学援助制度について
イ ひとり親世帯の支援について
2 清掃業務について
(1)ごみの収集体制について
(2)ごみの分別と減量について
(3)2工場体制への移行と今後の整備について
3 地域の諸問題について
(1)危険な道路・歩道の改善について
(2)市営住宅の整備・改修計画について

鈴木 友音 議員(無所属)
1 子どもの健康に対する医療施策について

佐々木 友樹 議員(共産党)
1 学校給食について
2 図書館と公民館図書室について
3 安心できる住まいについて
(1)公的住宅政策について
(2)公的住宅のバリアフリー化について
4 失業者及び求職者の雇用対策と生活支援について
5 美浜区の諸問題について
(1)JR検見川浜駅前広場の歩道の安全対策について
(2)JR検見川浜駅前の駐輪対策について

三須 和夫 議員(自由民主党)
1 公共工事の発注(入札)について
2 防災管理制度について
3 緑区の諸問題について
(1)誉田駅前線の整備について
(2)緑区平川町の産業廃棄物について

今村 敏昭 議員(民主党)
1 市立病院について
2 有料老人ホームと無料低額宿泊所について
3 学校用地の無償提供について
4 指定管理者制度のあり方について
5 建設工事に関する入札制度のあり方について
posted by 鈴木友音 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

一般質問1日目

今日から一般質問が始まりました。

私の一般質問は明日の午前中になります。その準備でばたばたしておりますので、今日の質問につてはタイトルだけ掲載しておきます。

お二人ともモノレール経営と羽田空港拡張にともなう騒音問題と、旅客関連の質問をされていました。

酒井伸二議員(公明党)

1 国の政策転換への対応について
2 行財政改革について
(1)事業仕分けについて
(2)区役所機能の強化について
3 モノレールの経営について
4 温暖化対策におけるエコポイント制度について
5 スポーツ振興施策について


橋本登議員(自由民主党)

1 モノレール事業について
2 小中学校統廃合における教育財産の活用について
3 羽田空港着陸便旅客機の騒音問題について
posted by 鈴木友音 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

代表質問

昨日から代表質問が始まっています。

やはり今回のテーマとして多いのが、「脱・財政危機宣言」について、事務事業評価(事業仕分け)について、国の新政権への対応についての質問でした。

特に「脱・財政危機宣言」については、残念ながら議会では旗色が悪い状況です。

危機感をあおるだけであるとか、これまでの都市基盤整備を否定するものだとか、市長にたいする厳しい意見がでています。

個人的には、そもそも前市長の時代に出しておくべきもので、ようやく出してくれたという思いですが、この点については議会の中では大きな溝となっています。

財政危機への対応として、いくつか踏み込んだ発言がありました。

国民健康保険料の値上げと下水道料金の値上げです。

国保は20億円近い累積赤字があります。国保自体の仕組みに大きな欠陥があると思いますが、厳しい財政危機のなか、これまでのように税金で赤字を穴埋めすることができず、低所得者への配慮をした上で、値上げをお願いせざるを得ないということです。

通常、何年かに1回、料金の改定をおこなうのが他市では普通ですが、千葉市はここしばらく改定を行っていたいので、「脱・財政危機宣言」を機にということもあります。

また、下水道料金も他政令市に比べて千葉市は安いので、値上げもお願いしたいということです。

市では収入増を見込んでいるのに、こういうことを書くのもなんですが、下水道料金は、上水道のメーターと連動していますので、節水を心がければ、ご家庭での負担増も抑えられることになると思います。
posted by 鈴木友音 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

タウンミーティング

今日は緑区で開催された基本計画策定に向けた市長と市民との対話集会「タウンミーティング」にいってきました。

091205_1426~01.JPG

実は明日、花見川区でも区役所でタウンミーティングがおこなわれます。私は残念ながらいけないので、代わりに緑区にいってきました。

花見川区と緑区は千葉市の端と端で、緑区役所に行くのも初めてだし、緑区内ではどんな課題があるのかもあまりよく知らないので、そういった意味でも貴重な意見も聞けてよかったです。

今回のタウンミーティングは「基本計画」策定に向けてという趣旨のため千葉市の10年後、20年後という長期的な視野にたって、広く意見を頂戴するという場でした。

市長もまず、千葉市の現状や今後の人口、財政予測などを説明し、タウンミーティングの趣旨も強調していましたが、実際の意見は、やはりゴミを削減する方法であったり、地域の道路拡幅問題であったり、個別具体的な要望がほとんどとなっていました。

直近で様々な課題が山積している中で、そんな先のことの意見を言うというのも容易なことじゃないことを実感しました。

市民一人ひとりの素朴な思いとして、千葉市がどんな都市になっていってほしいのかという、漠然としたイメージや夢を聞けたらよかったのになと思います。

とはいえ、財政や交通、福祉などに対する具体的なアイデアが次々に出されるのを聞いて、こういう市民の力を活かせるまちづくりが重要なのだと思います。特にこれまでの千葉市は、この点が弱かったので、今後期待できるでしょう。

ところで、市民の意見の中から、議会に対する厳しい意見もいくつかありました。

私が10月に実施した議会改革に対する市民アンケートをみても、やはり議員定数と議員報酬の削減を市民の方は求めています。

たまにブログで書くように、議員定数は法の許す最大にまで増やして、議員報酬は3分の1か、もしくは半分程度にすべきというのが私の持論です。残念ながら超少数派の意見ですが・・・。
posted by 鈴木友音 at 18:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

常任委員会

今日は常任委員会が開催されました。私の所属する都市消防委員会では、蘇我スポーツ公園用地の買い戻し案件のひとつだけでした。

千葉市が債務負担をして平成14年に都市開発機構(UR)に先行取得してもらった蘇我臨海部の土地を、スポーツ公園として整備を進めるのと歩調を合わせて千葉市が土地を買い戻すというものです。費用の3分の1は国の補助金がはいっています。

毎年のように、この買い取りの予算案が出るたびに、なぜこんな千葉市の財政と身の丈の合わないものへの債務負担行為を当時の行政や議会が認めたのかと、最近は怒りよりも情けない思いがします。

URに債務の棒引きをお願いするなんてことは当然できるはずもなく、借金まみれで貯金も底がついていても市債を起こして買い続けなければなりません。

買い戻しを認めざるを得ないので私も賛成し、委員会としては賛成多数となりました。共産党と市民ネットは14年当時からずっと反対してきているので、引き続き反対しました。
posted by 鈴木友音 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

議案質疑

今日は本会議で議案質疑が行われました。常任委員会での詳細な質疑のまえに前段として論点を洗い出すという趣旨の質疑です。

今回はめずらしく、議員発議の条例案について質疑がありました。

議員発議にたいする質疑というのは、私も以前に行ったことがあります。今年3月の予算議会で、民主、ネット、共産がそれぞれ提出した予算の組み替え動議に対して行ったものです。

このときは、組み替え動議が3本も出されるのが前代未聞で、それに議員が質疑をおこなうというのも初めてのケースでした。

先輩議員にたいする質疑ということもあり、やや恐縮気味に質問をした覚えがあります。

しかし、今日の質疑では民主党の富田議員が、司法書士という自らの職業上の経験を踏まえて、共産党が提出した多重債務者対策の協議会設置条例について、遠慮なく、厳しい質問を浴びせていました。

議会は、議員と行政当局との応酬がほとんどで、議員同士が議論することはほとんどないのですが、緊張感のある質疑応答だったと思います。

議員同士の議論というのは、必要とされる議会改革のひとつで、他市では恒常的に行われるような仕組みを取り入れている議会もあります。
posted by 鈴木友音 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。