2009年10月30日

議会改革シンポジウム

今日は都内で開かれた「二元代表制を機能させる議会改革シンポジウム」に参加してきました。

以前より千葉市でも議会改革検討協議会が設置され議会改革について断続的な協議が行われていることはブログなどでも紹介してきました。千葉市の場合は大都市特有の政党間の対話があまりうまくいっておらず、議会改革に向けた具体的な合意が得ずらい構造があります。そのため検討協議会といっても、まだ思ったような結論が得られていないのが実情です。

その間、私も様々な地方議会の改革の取り組みを調査してきましたが、やはり議会改革は完全に二極分化していると感じます。三重県や飯田市、多摩市のように進んでいるところは、毎年毎年、これまでにない新しい審議手法を取り入れて、議会の活性化につなげています。

今日のシンポジウムでも熊本県の合志市市議会における、行政評価を活用した決算審議や飯田市の議会主導による自治基本条例の制定の事例発表を聞きました。

行政評価を使った決算審議は多摩市をはじめ徐々に広がっています。議員というのは、地元の要望や自身の政策を実現するために「予算をつけてもらう」ことが仕事の中心となりがちで、公的事業の有効性や無駄のチェックをする決算審査がおろそかになっています。

今のように税収が増えない時代では、予算よりもむしろ決算審議に注力すべきというのが私の持論ですが、行政評価を活用して網羅的に機械的に事業チェックを行うべきでしょう。

また飯田市の事例は特に先進的です。「議会基本条例」を議会が制定することはよくありますが「自治基本条例」というこれまでは行政が制定してきたものを議会が中心に市民参加の枠組みや行政との協議も行いながら制定にこぎつけています。

議会は行政と違い手足となる大勢の職員がいないなかで、議員が自ら条例制定の手足となって活動していることは、本来あるべき議員の姿であると感じました。
posted by 鈴木友音 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。