2009年10月23日

千葉市版事業仕分け

まず、今日は正副議長会議が午前に行われました。政治倫理条例についての協議です。内容については私も要望を提出していますので、今後の協議の行方について傍聴をしていきました。

基本的には各会派とも厳しい実行力のある規定を盛り込むことに前向きな様子ですた。同条例の制定に向けて議長自身の並々ならぬ意欲を感じることができました。当初考えていた以上にスムーズに進む予感がしました。

政治倫理条例についてはこちらブログの記事をご覧ください。

政治倫理条例

午後は、今日から開始された市の公開事務事業評価を傍聴してきました。「事務事業評価」といっても実際の実施方法は限りなく「事業仕分け」に近い事業評価です。いま国でも実施しようとしているので、その千葉市版ともいえますので、ぜひ、多くの市民の皆さんご覧になっていただきたいと思います。会議は公開されています。

事務事業に対する公開ヒアリングの実施

私は、難病疾患見舞金支給事業、姉妹・友好都市提携記念等事業を見てきました。残念ながら傍聴者が少なかったですが、傍聴者が意見を言えることもあり、たいへん画期的な仕組みだと感じました。

事前に該当事業に関するパブリックコメントも実施しており、「情報公開」という点では徹底されています。

外部評価委員からは両事業に対して、非常に厳しい指摘があり、いずれも廃止や見直しの意見が出されていました。おそらく、今後も評価対象の42事業は、ほとんど廃止か改善という評価が下されるのではないかと感じました。
posted by 鈴木友音 at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。